最新ニュースから話題の画像まで2ちゃんねるまとめならここで!


ナイナイ矢部浩之の病気「手足口病」原因がやばい【画像】

   

2017年5月27日(土)放送、フジテレビ系列「めちゃ2イケてるッ!」
19時57分~20時54分

2017年5月18日にナイティンナイン岡村隆史が自身のラジオで、相方の矢部浩之の病気「手足口」の感染症になったこと告白し、今夜のめちゃイケが、病気後初の出演になる。

岡村隆史は過去にうつ状態を症状に含む心の病(パニック障害か適応障害)に陥り、現在は復帰できているが、うつ病は完治しない病気。完治したとは断言できないので、ただ事務所が正式な病気を発表していないので、あくまで憶測としてネットに出回った。

今回のナイティンナイン矢部浩之の病気「手足口病」を公表した、その「手足口病」とは一体どんな病気なのか?放送に先駆け、矢部浩之の病気を簡単にまとめてみた。

■目次

矢部浩之プロフィール

矢部浩之の実家は貧乏

矢部浩之の病気「手足口病」

矢部浩之の病気の今後

矢部浩之プロフィール

fd

矢部浩之(やべ ひろゆき)
ニックネーム やべっち
生年月日 1971年10月23日45歳
出身地 大阪府吹田市
血液型 A型
身長 172cm
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

高校の先輩であった岡村隆史とコンビを組み、大阪NSC9期生に加入し、「ナインティンナイン」を結成。ナインティナイン、とくに岡村隆史は、とんねるずとダウンタウンに憧れ、第4お笑い世代を牽引する。

ナインティナインがブレイクのきっかけとなったのは、めちゃイケの前身番組でもある深夜放送「とぶくすり」。さらに1993年にとんねるずの「ねるとん紅鯨団」で岡村の告白、特技のブレイクダンスが注目された。

その後ナイナイはタモリの番組や「ぐるナイ」や「めちゃモテ」(「めちゃイケ」の前身番組)で一気に人気芸人の仲間入り。矢部浩之はソロでドラマ「天気予報の恋人」で俳優デビュー。冠番組「やべっちFC」、コンビで「ぐるナイ」「オールナイトニッポン」などでMCの才能を開花している。

私生活では、2005年放送のTBS系バラエティー番組「DOORS」での共演がきっかけで、元TBSアナウンサー青木裕子と2013年に結婚、長男をもうけている。

frfr

目次にもどる

矢部浩之の実家は貧乏

ナイナイ矢部 手足口病1

矢部浩之の実家はかなりの貧乏で、数千万円の借金を抱えていた。

原因は、父親が知人の保証人となり、騙されて極貧生活に陥った。なので、親戚からもらった子供のお年玉や矢部浩之のアルバイト代はすべて借金返済に当てられ、父親が矢部浩之の金に「たかる」のは矢部家では当たり前だった。

しかし、矢部浩之がナインティンナインで売れ出すと、タクシー運転手をしていた父親は、そのまま仕事を辞めてしまい、矢部浩之の仕送りを頼りにするようになってしまったという。

あまりにもしつこい催促に、電話を無視していると、夜中両親が東京まで押しかけてきて、土下座してお金をせびらたこともあったそうだ。夜中に2人でわざわざ大阪から東京まで来て土下座なので、何十万ではなく、おそらく何百万以上だということが推測できる。

借金を矢部浩之が肩代わりしても、高額な仕送りをしても変わらない父親に、ついにケンカしてしまうが、逆ギレをされて、父親からは「勘当じゃ!お前なんか!」と言われたこともそうだ。

最終的に、父親が生活保護申請をしようしていたのを聞いた矢部は、慌てて父親にお金を送って、その行為をやめさせたという。呆れた父親だが、矢部浩之は「何があっても親は親」と2015年に亡くなるまで見放さなかったそうだ。

fdfd

目次にもどる

矢部浩之の病気「手足口病」

相方の岡村隆史が公表した矢部浩之の病気「手足口病」とは、夏頃に流行するウイルス性の感染症。患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%だが、大人にも感染する。

症状は、熱が出てその内に手のひらや足の裏等にポツポツと発疹が出だす場合もあるし、熱はなくて発疹だけの場合もあり様々。大抵は、感染から半日から一日で、手のひらや足裏にポツポツが出だす。

また、このウイルスを治す薬はまだ開発されていないので、症状によって、熱や痛みを抑える薬を使いながら治るまで様子を見るという対処療法しかない。病院へ行っても、出ている症状を和らげる薬が出されるだけなので、矢部浩之も手袋をして隠すしかないのが現状だ。

ナイナイ矢部 手足口病

手足口病の潜伏期間は2~3日。
他人に早くに感染するので、矢部浩之も自分の子供から感染した可能性高い。免疫力が低い子供だと、学校のクラス内にあっという間に広がってしまうほど。感染ルートを探しても意味がないので、矢部浩之も体調管理を整えて、免疫力を高めるしか改善されない。

目次にもどる

矢部浩之の病気の今後

矢部浩之の手足口病は、「ペットボトルが開けられない、スマホが打てない」と痒さは無いが、動かせないほどの重症。

手足口病は飛沫感染、経口感染、接触感染、糞口感染などがあり、特に飛沫感染(咳、くしゃみ、鼻汁)は2週間ウィルスをまき散らすので、現在もマスクを着用、咳も出ている可能性がある。


手足口病のウィルスは、鼻や口から入って腸で増殖し、排便からは約1ヶ月ウィルス排泄される。

手足口病は、長期間ウィルスがいるため、熱がなければ外出も普通に出来る。発疹がまだ枯れてなく、矢部浩之の手足口病は現在がピ‐クのようなので、手袋をして隠しているのだろう。周囲の人間は手洗い、うがいで予防をするしかないが、ここまでの症状だと既に移っているかもしれない。

いずれにしても、矢部浩之の手足口病は治し様がないので、大人でも、すべてのウイルスになる可能性はあるということを理解してあげるしかないだろう。

目次にもどる

スポンサーサイト

Copyright © 2017 まとめるクローンX All Rights Reserved.


 - その他