最新ニュースから話題の画像まで2ちゃんねるまとめならここで!


泰葉「週刊ポスト袋とじヘアー写真」でDV被害が虚偽の可能性が浮上【画像】

   

泰葉が元旦那である春風亭小朝からDVを受けたとされるブログでの告発について。

泰葉のブログが真実ならば、布団でぐるぐる巻きにされて2階の階段から突き落とされ、木刀で殴られ、逆さ吊りで食パンを口に詰められて、窒息させられそうになったDVは非道。

泰葉と小朝は政略結婚だったといわれており、結婚を望んで結ばれて夫婦ではなかったのは事実だし、泰葉がDV被害者ならば小朝は犯罪者。

泰葉は双極性障害になったことを自身で告白しているが、長い間DV受けて双極性障害になったんならやり返したくなって当然の思考であり、何十年泰葉が苦しめられてきたのなら、泰葉の心情を理解できる人も多い。

しかし、現状は芸能レポーター井上浩造ですら「泰葉の言うことはニュースにする価値がない・記者たちは泰葉には近づかないようにしている」と病人扱いされてしまっている。

そんな中、泰葉が56歳という年齢になって過激なヘアー写真を週刊ポスト袋とじに登場して、話題になっている。

いったい、泰葉は何がしたいのか?

今回は泰葉の一連の騒動についてまとめてみた。

■目次

泰葉プロフィール

泰葉は病気

双極性障害とは

泰葉が受けていたDV被害

泰葉の週刊ポスト袋とじ写真でDV被害は妄想被害と確定?

泰葉プロフィール

泰葉5

泰葉(やすは)

本名・海老名泰葉(えびな やすは)
生年月日 1961年1月17日56歳
出身地 東京都台東区
血液型A型

結婚引退中は、夫小朝の事務所「春々堂」の社長。

父は落語家の初代・林家三平。母は海老名香葉子。伯父は釣竿職人の中根喜三郎(母・香葉子の兄)、祖父に7代目林家正蔵、実姉・海老名美どり、実弟に9代目林家正蔵と2代目林家三平、義兄に峰竜太、義妹に国分佐智子、甥に下嶋兄がいる。

ジャズやポピュラー歌手を目指し、1981年にシンガーソングライターとしてデビュー。その後、タレントとして日本テレビ「午後は○○おもいッきりテレビ」のアシスタントを務めた。

小朝と結婚する前の当時の泰葉は、有望な歌手としてテレビ出演が増えており、歌の方も高い評価を受けていた。

泰葉

しかし、1988年に春風亭小朝と結婚を発表。
自身は芸能界を引退し、小朝の事務所「春々堂」の社長として小朝のマネージメントを務め始めた。

約20年にも及ぶ結婚生活を送っていたが、2007年11月に帝国ホテルの宴会場で久々に公の前に姿を見せた泰葉は、小朝ともに記者会見を開くという異例の離婚会見となった。

目次にもどる

泰葉は病気

泰葉2

離婚記者会見の泰葉は、結婚など目出度い時に使う金屏風を会見場に立てて、円満離婚を強調。

当時、離婚理由をはっきり語られなかったが、その後、芸能界へ本格復帰しアメブロ上に公式ブログを開設。そのブログで、2008年に離婚した春風亭小朝を「金髪ブタ野郎」と中傷したり、海老名家と絶縁状態になっていることを明かしたり、なにかと話題が多い。

そのブログで泰葉は、離婚した数か月後から体中がかゆくなり、かくうちに気分が異常に高揚する時もあれば、逆に体が動かないほど重い時があるなど、「躁と鬱」の症状が日に日にひどくなった鬱(うつ)にかかっていたと告白。

診察の結果、脳への神経伝達物質が極端に多くなったり少なくなったりするために起こる、日本人100人に1~2人はいるという「双極性障害」と診断されていたという。

目次にもどる

双極性障害とは

泰葉3

双極性障害は、簡単にいうと治らないうつ病。
激しい「躁状態」と「うつ状態」のある双極Ⅰ型と、軽い躁状態(軽躁状態)とうつ状態のある双極Ⅱ型がある。


残念ながら、現在の医学でも原因がよく分かっていない病気で、遺伝の影響も大きく、何らかの脳の機能異常が生じていると考えられている。


原因が分かっていないため、現時点では根本的な治療ができず、双極性障害は長期間にわたって躁症状とうつ症状を繰り返す。
このような病気であるがゆえに、無くそうと必死になって頑張ろうとすると、ますます苦しみが深くなっていく。

泰葉は離婚した直後からこの双極性障害を患い、病と闘っていた。その気分の波を抑えるために、脳の機能のバランスを整える必要があるので、度々ブログで暴走しているのかもしれない。

目次にもどる

泰葉が受けていたDV被害

泰葉は小朝と離婚した翌年の2008年9月にブログで「金髪豚野郎」などと罵倒。小朝に「切腹しろ、私が介抱してやる」などといったメールを1日100通以上送ったことも語っている。

泰葉4

2016年には双極性障害を患っていたことをTBS「爆報!THEフライデー」で特集され、2017年にはブログで「私、泰葉事 海老名泰葉は 元夫、春風亭小朝事 花岡宏行を20年にわたる暴行DVをうけている」とDV被害を告発した。

さらに「双極性障害」の原因は、虐待によるものと明かし、いままで黙っていたことについて「私も悪いのです。通報する勇気があればよかったのです。本当に長い長い苦しみでした。よく耐え忍んだと思います。この告発にはどれほどの葛藤と勇気が必要で どれほど悩み抜いたかどうかご理解ください」と訴えている。


しかし、これが事実なら「裁判所で言えばいいこと」。ブログに書くこと自体がおかしいとワイドショーでは批判をうけた。

泰葉は、決定的な証拠がないのにブログで暴露したこと。証拠があるかどうかは問題ではなく、裁判所に持ち込むべき問題をブログで暴露したことを批判した和田アキ子の発言に対して、訴訟するということをブログで明かしている。

目次にもどる

泰葉の週刊ポスト袋とじ写真でDV被害は妄想被害と確定?


行動などを総合判断すると泰葉の発言は、信憑性が低い。

婚約時代に元夫がMだったのにいつの間にかSになっていたり、布団でぐるぐる巻きにされて2階の階段から突き落とされ、木刀で殴られ、逆さ吊りで食パンを口に詰められて、窒息させられそうになったとか、こんな尋常ではないことされたら普通は親族、警察に保護を求める。


離婚後もストーカーのように、元夫と同じマンションのフロアにいついたそうで、怖い相手と離婚できてそんなこと通常はあり得ない。

女性自身によると離婚後、「小朝が女性マネージャーと恋愛関係にある」と知って、逆上。嫌がらせが始まったような年表がかかれていたが、単に「嫌がらせ」がしたいだけなのかもしれない。

他にも泰葉は、有料メルマガを立ち上げ、その立ち上げた理由は「DVなどに苦しむ方々の為のシェルター設立資金に充てたい」としているが、最近のブログでは「母親の東京大空襲の集いの寄付をこの有料メルマガで得た資金で行いたかった」とコロコロ意見が変わっている。


泰葉の行動や言動が最初から支離滅裂で、言っていることがコロコロ変わるし、行動も伴っていない。

自分で双極性だと言っておきながら、今度はブログで「誤診された」などと言っていおり、双極性でここまでおかしくなったり妄想したりはないので、他の病気の可能性もある。

あのゲスな井上公造も相手にしないと公言し、小朝を含めて芸能界、周囲は静観「君子危うきに近寄らず」の体制ができてしまっている。

何を思ったのか今度は、8月7日発売の「週刊ポスト」袋とじでヘアを披露し話題になっており、メンタルに問題のある人をこうして利用する週刊ポストにも批判が多い。

泰葉

泰葉はきっと自分に魅力があって男性を魅了できると思っているのだろうが、袋とじの写真を確認したが、一枚は下着の上からみるからに3段腹が透けていて、もう一枚は青いタオルでそのお腹を隠していた。あんな風にわざわざ三段腹隠してまで、公開するような写真ではない。

だが、その週刊ポストのヘア写真のおかげなのか、小朝に虐待されて20針縫ったという傷痕は一切見られなかった。

あれこまで裸体をさらすことをしたのに、虐待された箇所だけ修正するとは思えないし、どこに20針に傷があるのか、そちらの方をみせて証明してほしいもの。

いずれにしても小朝も頭が良く、狡猾なタイプではあるので、無関心が最も泰葉が傷つくとわかっていてスルーしてるのだろう。

目次にもどる

Copyright © 2017 まとめるクローンX All Rights Reserved.


 - その他