最新ニュースから話題の画像まで2ちゃんねるまとめならここで!


山尾志桜里の文春「第2弾」のホテル写真が掲載か【画像】

   

山尾志桜里 文春 第2弾

文春砲で不倫を報じられ、民進党を離党した山尾志桜里衆院議員が、次期衆院選で愛知7区から無所属で立候補する意向を固めた。

山尾志桜里は22日に初めて地元に戻り、支援者への説明会を開いて、文春で報じられた不倫疑惑について、「会見でも話したように男女の関係はありません。」と否定。

こういった内容の報道について、「政治家はどこまで説明責任を負うべきなのか、突きつけられた。ひとつひとつのことについて、私が新たな主張を重ねたり、加えたりすれば、さらに先方の家族や私の家族にも心痛や心労や生活上の支障も続くのではないかと推察している。そういった中で、私としては、7区の有権者のみなさんに、一人一人の判断、通信簿をつけていただきたい」と選挙に向けての意気込みを語り、準備を行っている。


これにより、文春第2弾が報じられる可能性が高くなった。

今回は、山尾志桜里が否定したという文春のホテル疑惑についてまとめてみた。

■目次

山尾志桜里プロフィール

山尾志桜里の文春砲

山尾志桜里の問題は不倫だけではない

山尾志桜里の文春第2弾の可能性

山尾志桜里プロフィール

山尾志桜里 文春 第2弾6

山尾 志桜里(やまお しおり)

生年月日 1974年7月24日43歳
出生地 宮城県仙台市

東京大学法学部を卒業後、1999年に東大を卒業し、2002年に司法試験に合格。司法修習を経て、2004年に女性でありながら検察官として活躍する。

2009年、当時民主党代表だった小沢一郎にスカウトされ、第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で愛知7区から出馬し、自由民主党前職の鈴木淳司を7万票超の差で破り、初当選。注目を集めたのは、匿名のブログで「保育園落ちた日本死ね」と批判したことで、違った意味で注目を集めていた。

2017年9月7日発売の週刊文春が山尾志桜里より9歳下の「イケメン弁護士」倉持麟太郎との不倫疑惑を報じ、一時は幹事長に内定し本人も受諾したが、起用は取りやめ、さらに民進党を離党。

山尾志桜里は、不倫疑惑についてあらためて否定した上で、10月にも想定される衆院選に無所属で出馬することを明らかにしていて、次の衆院選に向けた活動を行っている。

目次にもどる

山尾志桜里の文春砲

山尾志桜里 文春 第2弾4

文春の記事では、山尾志桜里は9月2日夜、倉持麟太郎と都内の同じホテルに宿泊したところを確認。山尾志桜里が出てきたのは翌早朝4時半に一人でホテルから出てきている。

山尾志桜里 文春 第2弾3

また、8月28日夜にも倉持麟太郎が管理する都内のマンションに泊まり、翌朝帰宅してから永田町に向かっており、こういった「密会」は週4回に及んでいると報じている。

山尾志桜里は、育休不倫で叩かれた宮崎議員をはじめとした自民党議員に、不誠実、説明責任と攻撃の手を緩めなかったのに、山尾志桜里は、その議員らと同様に自分はマスコミに答えず雲隠れ。それも裁判で勝つため?なのか、いまだに不倫について、一切認めていない。

目次にもどる

山尾志桜里の問題は不倫だけではない

山尾志桜里 文春 第2弾5

文春の記事では、両人がホテルに時間差でチエックインは確認されてるが、「同室入室」までは確認されていない。

なので、それをどの様に証明するのか?それさえ証明できれば、宮迫博之と同じようにオフホワイトにはならない。そこで起ることといえば立場、学歴、教養もヘチマもない、男女同士が絡み合うしかない。

山尾志桜里がホテルに同室し、ドアがバタンと締まり、朝帰りすればどんな言い訳も通用(法的にも)しないことは「法のプロ」である両人が1番理解してるはず。それでも、「何もない」と言い張るのは一時的な現実からの避難、逃避であり人間の弱さがみえる。

山尾志桜里 文春 第2弾1

山尾志桜里は、彼の妻が実家に行ってることを承知で彼の自宅に2度宿泊してることは、文春に寄ればほぼ確定としている。それに山尾志桜里は、そもそも「ガソリン」搾取だけで辞職すべき事案。

ガソリン事件は、山尾志桜里の秘書がGSのゴミ箱から拾った見ず知らずの一般国民のレシートを税金に換えた犯罪。この秘書は会計責任者なので、山尾志桜里と金周りを相談していたはず。山尾志桜里も知っていた可能性が高いし、山尾志桜里が秘書のこの犯罪行為を知っていたら共犯となる。

維新の足立康史が国会で、山尾志桜里に追及している。

https://www.youtube.com/watch?v=HST4HQoftQ0
[embedded content]

動画内で足立康史は「これ犯罪ですよ犯罪で、普通は議員辞職」と発言。さらに「政治団体の会計責任者が収支報告書に虚偽の記入をし、代表者が監督を怠った場合、(代表者に)罰則がある。(知らなくても議員辞職に相当する、との意味)」

そして、「秘書は不正を認めたと言ってます。要約すればガソリンスタンドに備え付けられていた不要レシート入れに有った他人のプリペイドカード代金のレシート。これを集めて愛知県第7区総支部からの支出を受けたと元秘書は罪を認めている」「辞めた秘書は会計責任者も努めてるんです。これアウトでしょ。」と、完全に不倫以上の問題なのに、不倫の方がマスコミが報じるので、こちらが軽視されてしまっている。

ガソリン問題を言うと「安倍首相もガソリン代が多い」とか「岩手の鈴木五輪相もガソリン代が多い」との反論、さらに鈴木五輪相も「スタッフ7人で活動している」と言い訳をしているが、そもそも、安倍首相も鈴木五輪相、スタッフ含めてゴミ箱から他人のレシートなど拾わない。


山尾志桜里が問題なのは、記者会見で「秘書がゴミ箱から拾った」ことまでは認めたこと。


これだけで監督者責任により辞職相当になるのに、次の選挙に何食わぬ顔で出馬する厚顔さが問題になっている。

目次にもどる

山尾志桜里の文春第2弾の可能性

山尾志桜里 文春 第2弾7

文春は過去の報道の仕方から見ても、当事者の対応によって第2弾の続報を出すか決める。

例えば、2016年に世間を騒然とさせたベッキー川谷の不倫事件。

ベッキーは当初、記者会見で不倫を否定し、記者に対して一切の質問厳禁という異例の対応のに文春は不倫が決定的となった第2弾に二人のline画像を掲載した。当初、文春はLINE流出を掲載するつもりがなかったようで、あくまで、文春側からすれば、LINEネタ(卒論LINE、クリスマスLINEなど)は謝罪会見を踏まえて判断したという。

結果、会見で不倫を否定したことで、余計にLINEネタの第2弾が「隠し球」的にネタは生きた。

新たに「ありがとう文春」「センテンススプリング」のLINEをスクープ。第2弾として、単独にすることでインパクトはより強くなった。

文春は「言わなかった」のではなく、当初「第2弾の予定がなかった」。
記事になる事を事務所へ伝えた時点では、あくまで長崎旅行の記事だけであった可能性もあり、掲載予定がなければ、わざわざ「持ちネタ」をバラす必要もない。ネタ出しの順番が急遽変わった可能性もあるが、いずれにしてもベッキーの対応次第で、第2弾が掲載となった。

今回の山尾志桜里も文春の記事を全否定しているので、第2弾の報じられる可能性が高い。

山尾志桜里は現在離婚協議中で、倉持弁護士は担当弁護士だった。
弁護士としての業務中に依頼者に手を出せば、依頼事案の利害関係者に対して不法行為を行うことになってしまうので、弁護士資格を失う可能性がある懲戒理由になる。文春の内容が事実であれば裁判で不法行為が認められる内容なので、「否定する以外に選択肢がない」から否定しているのだろう。

いずれにしても、山尾志桜里の第2弾でホテルに入っていく姿が掲載されれば、不倫関係は否定はできないし、簡単に言えば倉持弁護士の弁護士生命も危うい事案なので、文春はそこまで追い込んでしまうのか、第2弾については注目されているといえるだろう。

目次にもどる

スポンサーサイト

小泉麻耶の逮捕「Gカップアイドル」が美人局を自供と東スポが報じる【画像】

小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】

Copyright © 2017 まとめるクローンX All Rights Reserved.


 - その他

Fate/Grand Order ID交換掲示板
セブンナイツ フレンド募集掲示板