最新ニュースから話題の画像まで2ちゃんねるまとめならここで!


大神いずみ病気の糖尿病で激太りした体重がやばい【画像】

   

2019年2月27日(水)放送、日本テレビ系「1周回って知らない話 」
19時00分~20時54分

伝説の美人アナ集結SPとして出演する元日テレ女子アナ・大神いずみの容姿が凄いことになっているとネットで話題になっている。

年齢による体重の増加、激太りはしょうがないとしても、その変貌ぶりは異常。
太っただけでなく、目が以前よりギョロっとして、気首の辺りもシワも年齢のせいだけでなく、違和感を感じる。

今回はなぜ大神いずみは激太りしたのか?

ネットで噂になっている病気の糖尿病についてまとめてみた。

■目次

大神いずみプロフィール

大神いずみはアイドル女子アナ

大神いずみの病気は糖尿病?

大神いずみの闘病病は治らない

大神いずみの今後

大神いずみプロフィール

大神いずみ (5)

大神 いずみ
本名:元木 いずみ

生年月日 1969年6月10日(49歳)
出身地 福岡県
血液型 B型
所属事務所「ケイダッシュ」

フェリス女学院大学文学部英米文学科卒業後、1992年にアナウンサーとして日本テレビに入社。同期入社アナウンサーは野口敦史(現・政治部記者)、平川健太郎、松本志のぶ。

当初からバラエティ番組を中心に担当し、『ウンナン世界征服宣言』では番組内でのウンナンCD対決にて内村光良プロデュース『今でも・・・今なら・・・』でCDデビュー(オリコン最高44位)。また、1994年に『頑張る!TV!!』で共に司会を務めていた田代まさしと「マーシー&いずみ」名義でデュエット曲『熱帯夜』をリリースし、アイドル女子アナの先駆けとなった。

1999年に退社し、フリーに転向。
2000年、当時読売ジャイアンツに所属していた元木大介と結婚。2006年1月に第一子となる男児を出産。2010年8月には41歳で第二子となる男児を出産。現在はフジテレビ情報番組「ノンストップ」でレギュラー出演している。

大神いずみ (3)

参照wiki

目次にもどる

大神いずみはアイドル女子アナ

大神いずみ (4)

女子アナのアイドル化は、フジテレビが1989年頃から90年代前半にかけて、1988年度入社の河野景子(現姓花田、大相撲の貴乃花親方夫人)、八木亜希子(現在フリー)、有賀さつき(現在フリー)の3人を「華の三人娘」として積極的に売り出したのがきっかけ。

それまで女子アナは番組の脇役に過ぎなかったのを、表舞台にバンバン出して主役級の扱いをしていった。

そのフジテレビの路線が成功したので、他局も追随するようになり、現在は古田敦也夫人のフジテレビ・中井美穂アナ(1987年度入社)も最初は地味な存在だったのに、いつしか「CXのミポリン」なんて言われるようになった。

「華の三人娘」以前にも、フジテレビの「なるほど、ザ・ワールド」の益田由美アナ(1977年度入社)、「おれたちひょうきん族」の山村美智子アナ(1979年度入社)、寺田理恵子アナ(1984年度入社)、長野智子アナ(1985年度入社)など、単なる司会進行以上の役割を担った女子アナはいたが、「アイドルアナ」という扱いまではいかず、ましてやNHKアナウンサー時代の野際陽子は地味な普通のアナウンサーだった。

現在のようにアイドルのような派手な衣装とメイクをし、番組内で主役的役割を与えられるようになったのは、「華の三人娘」がきっかけであることは間違いないし、日本テレビはフジの「華の三人娘」が成功したのを受けて、「日テレにもアナウンサー三人娘を作ろう」ということで、大神いずみのようなアイドル女子アナが誕生した。

bandicam 2019-02-27 15-51-37-906

過去の日テレの女子アナの顔ぶれを見てればわかる通り、魚住りえ、大神いずみ、永井美奈子などは時代時代にタレントのような女子アナを輩出。現在人気の夏目三久も日テレ時代は女子アナユニットでCDを出したり、コスプレをしてイベントでPR活動等をしている。

局側としても女子アナは単なる会社員でなので、下手にタレントを使うより安上がりで元々のルックスもいいので使い勝手が良かったのもある。しかし、その結果、現在の女子アナは外見面やコネといったアナウンサーとしての能力以外の面が重要視されているのも事実。

フジテレビの平井アナなど学生時代からモデル活動やタレント活動をしていたアナウンサーも増えだした。


また高橋真麻アナのようにコネで入ったと思われるアナウンサーも多い。

実はアヤパンもコネ入社では?と言われているアナウンサーの一人で、彼女の父親はフジテレビの人気長寿番組「食いしん坊万歳」で長年レポーターを務めていた俳優の故・竜崎勝氏。竜崎氏がリポーターを務めていた当時、同番組のスタッフだった社員がアヤパンの入社時には役員クラスに昇進していたこともあり、彼女の「コネ入社説」をより強くする要因となった。

いずれにせよ、女子アナの全員が超難関の入社試験を真面目に突破するだけではなく、こういったアイドル女子アナ枠は存在するということは間違いない。

目次にもどる

大神いずみの病気は糖尿病?

大神いずみ (1)

大神いずみはなぜ激太りしてしまったのかについて、2018年4月5日に放送されたテレビ東京「主治医が見つかる診療所」で「実は1年前の2017年4月に「糖尿病予備軍」との宣告を受けていた」ことを告白した。

太るから糖尿病になるわけでもなく、糖尿病で食事制限していても、太る人は太る。
激太りについては、「甘いもの」という意味の糖質じゃなくて、科学的な意味の「糖質」が原因で、激太りしてしまったという。

例えば「糖質」とは、

・3gの角砂糖に含まれる糖質量(3g)

・ごはん(白米、茶碗1杯、150g)の糖質量 55.2g

・カボチャ煮付け(カボチャ100g)の糖質量 24g

・ふつうのビール、350ml缶の糖質量 10gくらい

・豚ばら、生で100gの糖質量 0.1g

この「糖質」が、場合によっては体脂肪に変身する。

「糖質」が口から入り、消化吸収されて「ブドウ糖」になって「ブドウ糖」は血液中に入る。そのブドウ糖は体のエネルギーに使われ、飲食開始から3、4時間くらいでいったんブドウ糖はなくなる。(誰でも)

その「未使用で余ってるブドウ糖」は体内でいったんなくなるが、「未使用で余ってるブドウ糖」は、誰でもインスリンの追加分泌によって、中性脂肪に変身させられて、その中性脂肪は「脂肪細胞」に収納される。(だいたい3、4時間くらい)

寝てても絶えずインスリンで消費するのだが、糖尿病はこれらのエネルギーが上手く消費出来ず太る原因になる。

なので大神いずみは「太ったから糖尿病になった」わけではなく、インスリン分泌不足によって糖尿病になってしまい、激太りしてしまったと考えられる。

目次にもどる

大神いずみの闘病病は治らない

大神いずみ (2)

結論から言うと、大神いずみの糖尿病は、今の医療では「不治の病」なので一生完治はしないけど、真面目に生活習慣を見直したり、通院もしっかりして治療をしていけば改善する。

糖尿病は自己免疫疾患(異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす)と言われている。

動物性タンパク質の摂取により、膵臓の細胞が破壊されインスリンが出なくなる病気なので、「肉食をやめればいいだけの話なのだが、完治という意味ならば完治する事はない。

食事療法、運動療法、薬物治療などで合併症が出ないように維持する事は可能なので、良い状態が維持出来れば食事療法と運動療法だけで済むことも有り、これを怠り継続出来なければまた投薬治療に戻る事も有り、悪化すれば合併症のリスクも上がる。

糖尿病とは、要は「インスリンが働かなくなっている病気」なので、インスリンを補って治るというのは一時にすぎない。ホルモンにも作用時間があり,たった一度だけ不足を補えばいいというものではない。

健康な人であればインスリンは膵臓の一部の細胞から分泌されるが、糖尿病患者ではこのインスリンがそもそも分泌されない、もしくは分泌されてもうまく働かない。

ざっくり分類すると、糖尿病はⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病がある。
Ⅰ型糖尿病の場合、インスリンを分泌する細胞が破壊されてしまっているので、インスリンは分泌されることはない。皮膚なんかと違って、この細胞は修復されることはないので、不足をずっと補っていく必要がある。


Ⅱ型糖尿病では,インスリンが上手く働けないことが問題になっている。
この場合は確実な治療と制限した食生活のほか運動などにより、ごく初期段階であればインスリン抵抗性は改善される可能性がある。

ただ、糖尿病も進行する病気なので、その進行に伴い、多くの合併症が生じる。進行を止めることはできるのだが、現在の医学では「糖尿病は治らない」と言われている。

目次にもどる

大神いずみの今後

糖尿病患者の寿命は(0歳児も含めた統計結果である平均寿命でではなく)平均死亡時年齢で表され、1991~2000年の統計では、男 68.0歳、女 71.6歳。これは同期間での男女の平均寿命に比べ、男では9.6年、女では13.6年だけ短かかった。糖尿病による寿命短縮は、男よりも女のほうが影響が大きいということになる。


昔は糖尿病で透析になると「五年ももてばいい」と言われていた。

しかし、今はダイアライザーや透析液の進歩によりかなり改善されているので、日常生活に支障が出ないために自己管理が大切で、きちんとした内服、食事が大事。特に不摂生で糖尿病になった人は、自覚症状がないので、透析や心筋梗塞などの合併症になるまで病気を放置される方が多かったのも要因にある。

大神いずみは糖尿病があるというということを最近まで知らなかったそうなので、自己管理ができていなかった可能性が高い。おまけに透析前は血圧が高いのに後半になるとショックをおこしたり、血圧の変動が大きいひとは死亡率が高いというデータがあるので、心筋梗塞や動脈硬化で脳梗塞になる可能性もある。

現在の大神いずみを画面で見る限り、顔や手足がむくんで腫れるまでだと結構な水分をとっている可能性が高いし、ヘルシーといって果物中心にしても、多く含まれているカリウムなども過剰に摂ると心停止につながる恐れがある。

発症の時期や重症度、患者さんの体質によってかなりばらつくので、正直なところなんとも言えないが、もし、このまま大神いずみが不摂生を繰り返せば五年以内には、この世にいない可能性もある。

大神いずみは激太りが改善していない様子から見ても、明らかに糖尿病は進行していると思われ、血糖値が高いと感染症など他の病気にかかりやすくなるので、糖尿病の人が健康な人よりも寿命が短くなるのは否定できない。

血糖値が高い時にはその時の生活を振り返ってみて、「なぜ高くなったのか」がわかればその生活を改めればいいということ。

大神いずみは不摂生のせいと原因がはっきりしているから、今は摂生が出来ているのならばそんなに心配しなくてもいいのかもしれない。

スポンサーサイト

「芸能」カテゴリの最新記事

Copyright © 2019 まとめるクローンX All Rights Reserved.


 - その他