最新ニュースから話題の画像まで2ちゃんねるまとめならここで!


「琴富士の偽装結婚」発達障害で療育中に貴闘力と「ザ・因縁」で再会【画像】

   

 琴富士偽装結婚 (3)

2019年3月22日(金) 放送、TBS系列「今夜解禁!ザ・因縁」
20時54分~22時54分

最高位・関脇となった琴富士が、不祥事を引き起こした件について、貴闘力と今夜対決。


琴富士は引退後、親方になったが、あまりにも素行が悪い為、数年で親方を廃業。

大相撲力士はプロ野球選手より再就職が難しいのか、収入に困ってしまい、偽装結婚に加担してしまった。

今回は、琴富士と貴闘力が偽装結婚で因縁の相手となった事件について特集されるので、琴富士についてまとめてみた。

■目次

琴富士プロフィール

琴富士の偽装結婚

偽装結婚をする外国人

琴富士の偽装結婚はなぜばれたのか?

琴富士と貴闘力はギャンブル依存症

琴富士プロフィール

 琴富士偽装結婚 (4)

琴富士 孝也
本名・小林 孝也
四股名  琴富士 

生年月日 1964年10月28日(54歳)
出身 千葉県
身長 191cm

中3の秋に佐渡ヶ嶽(元横綱・琴櫻)がいきなり勧誘にやってきたため、この行動力に感服して入門をほぼ即決。素質に恵まれていたため、新弟子の頃より期待される。

1991年7月場所では東前頭13枚目まで番付を落としていたが、前場所で横綱・千代の富士貢が引退、さらにこの場所でも横綱・大乃国康が引退するなど角界の世代交代と混迷の中、琴富士は地力を発揮して初日から13連勝し、横綱・旭富士正也に加え、小錦八十吉・霧島一博の2大関を撃破し、貴闘力忠茂を破った13日目に見事平幕優勝を果たした。平幕優勝は1984年9月の多賀竜昇司以来約7年ぶりで、2場所連続、しかも同部屋からの平幕優勝という史上初の快挙が成されている。

引退後は年寄・粂川を襲名して佐渡ヶ嶽部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たっていたが、兄弟子の琴稲妻佳弘が引退したのに伴い、粂川の名跡を返上し、1999年7月場所限りで退職。

相撲協会退職後はタレントへ転向。
元大関の小錦が経営する株式会社KPに所属し、現役時代からフジテレビの部屋別対抗歌合戦などで披露するユーモラスなキャラクターを活かして活動した。

2012年には、海浜幕張駅前にある元関脇・貴闘力経営の焼肉店「焼肉 貴闘力」の店長に就任している。

参照wiki

目次にもどる

琴富士の偽装結婚

 琴富士偽装結婚 (6)

2014年2月20日、韓国籍の女性に在留資格を取得させる目的で、虚偽の婚姻届を提出し偽装結婚した公正証書原本不実記載・同行使の容疑で警視庁により逮捕。起訴状によると、2人は前年2月6日、結婚する意思がないのに韓国籍の女性に在留資格を取得させる目的で、東京都の台東区役所に琴富士を夫とする虚偽の婚姻届を提出したとしている。

地検によると、女性が知人に紹介された琴富士に偽装結婚を持ち掛け、報酬として計約130万円を渡したという。 偽装結婚に手を染めたのは、競馬にのめりこんだことがきっかけでギャンブル依存症になり、借金生活の末、知人から誘われたのが原因だった。

また逮捕後、警察の取り調べで琴富士は「本当に好き同士で結婚した」と容疑を否認していたが、これに対し取調官は、20人の女性の写真の中から「あなたの奥さんを指差してください」と迫り、その答えを間違えてしまったことで自白せざるを得なかった。

東京地方裁判所は懲役1年6ヶ月、執行猶予3年(求刑懲役1年6ヶ月)の判決を言い渡した。

その後、3ヶ月の未決拘留からの釈放後、国内を転々とし、工事現場や飲食店などで働いて食いつないだ。2019年2月8日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS)で、事件後初めてテレビカメラの前に登場した。神戸市内での家賃5万円で6畳のアパート生活が公開され、自身の偽装結婚事件については「こういうふうにしていると自分で考えることもある。やってしまったことは取り戻せない」と振り返った。

冷蔵庫も無い自宅で1日に50円のインスタントラーメン2袋という極貧生活を送っているとも伝えられた。

その一方で、中学時代に同級生だった「療育セラピスト」の女性の紹介で、発達障害の子供たちを療育する仕事に就いていることも紹介された。女性は中学時代から人の話を最後まで聞けない、コミュニケーションが難しい琴富士に発達障害の症状があるのではないかと思っており、実際に琴富士が病院で検査を受けた結果、発達障害の可能性があったという。

参照wiki

目次にもどる

偽装結婚をする外国人

 琴富士偽装結婚 (2)

「偽装結婚」とは、結婚の実態が全く無いのに、書類上だけ結婚しているように見せかけること。

国際結婚するには、結婚の審査が通らなければならず、一度結婚してしまえば、それを調べる捜査員は「ほぼいない」し、そのままでは罪に問われない。逆に偽装ではなくても、ただの別居という形であっても、偽装結婚の疑いをかけられることもある。

一般の外国人hs、来日して一般事務、現場労働、販売接客などの単純労働(狭い意味での単純労働ではなく、高度な学歴や専門的職業能力を必要としない労働)を行うことは原則として禁止されている。

当然のことながら「水商売」も、この単純労働に含まれるので原則禁止。
このような単純労働に対応する職能系の在留資格(質問者様の言う「就労ビザ」)も、存在しない。なので、偽装結婚をして、日本人と結婚した外国人のほとんどが、滞在資格を「日本人の配偶者」という資格に変更する。この日本人配偶者という滞在資格には就労制限がないので、表だって仕事につけることから、偽装結婚させて裏社会の資金源になっているので、大きな問題となっている。


現在、外国人が水商売に従事できるのは、身分、地位に基づく在留資格者である場合だけ。
つまり「日本人の配偶者等」「定住者」などなので、簡単に言うと、日本人の家族、日本人の血縁者など。また、それらの在留資格を何度も更新して、日本への強い定着性が認められて「永住者」の在留資格を持つ人もいる。

これらの身分・地位にもとづく在留資格者は、就労制限がなく、どんな職業に就くこともできる。

水商売の外国人女性の多くは「日本人の配偶者等」で在留していると思われ、彼女らは、接客上は「独身」と称していることもあるが、実はちゃんと日本人と結婚をしているはず。(中には、婚姻中に「永住者」を取得したり、離婚しても、日本人の子供を養育しているとの理由で「定住者」の在留資格を認められた人もいるが、それは非常に稀)

昔はオーバーステイなど、不法滞在者のホステスもかなりいたが、最近は警察などの取り締まりがきわめて厳しく、不法就労助長罪も厳格化されたので、ふつうの店のオーナーが、在留資格を持たない外国人を雇うことはない。(バレると店が潰れるリスクがあるから)

このように裏社会では、本当は結婚していない外国人に「日本人の配偶者等」の在留資格を申請させて働かせる偽装結婚の方が問題になった。

目次にもどる

琴富士の偽装結婚はなぜばれたのか?

 琴富士偽装結婚 (1)

2000年より前の時代ならともかく、国際偽装結婚は、今は審査がかなり厳しいと言われている。

勘違いしている人も多いが、日本は外国人の帰化に非常に難しい国。
最初は「日本人の配偶者等」1年から始め、更新を繰り返して最短でも3年以上は経たないと永住許可は取得されない。

さらに日本国籍を取得=帰化するためには、居住・生計・素行等の条件を満たし、書類を揃えて帰化申請して審査を受け許可されなければならず、日本人と結婚すれば条件のハードルは若干低くはなるものの、その審査は厳格。

まず、結婚式を挙げ、結婚届を出し、日本で申請、来日、一緒に暮らすのは最低条件。
この審査が通ってからでも、奥さんがパブとかで働いていて生計を同一にしてなかったら、偽装結婚と認定される可能性もあるらしく、そういった場合は罪に問われる。

しかし、一度帰化すれば、離婚しようが帰化許可は取り消されたりしない。

日本人と結婚したことだけが帰化の条件のすべてではないが、違法に取得したことを誰かが告発し、裁判にかけ違法に帰化したことが証明されれば帰化許可が取り消しになる可能性は皆無ではない。しかし、法務局が厳格に審査した上で許可したものを覆すことは法務局帰化審査部門の責任問題であり、その影響を考えれば大変難しい。

ここで疑問に思うのは、なぜ琴富士の偽装結婚はばれたのか?

あくまでも管理人の憶測になるが、外国人の「短期滞在」は90日が限度なので、例外的に1回だけ延長することができるが、あとは更新不可能。今回の琴富士偽装結婚した韓国女性は、結婚前に本国に戻っては短期滞在を取り直す、という不自然な作業を続けて行っており、そこから偽装結婚がバレたのではないか?と考えられる。

要するに、琴富士と偽装結婚する前から、相手は当局からマークされていた韓国人だったので、琴富士はとんでもない地雷女をつかまされたことは間違いない。

目次にもどる

琴富士と貴闘力はギャンブル依存症

 琴富士偽装結婚 (5)

今夜、因縁の対決で対面する琴富士と貴闘力は、ともにギャンブル依存症で、人生を狂わせた。

依存症は、アルコール依存症からはじまって、薬物依存症、ギャンブル依存症、買い物依存症、あれこれあるが、この依存症にはドーパミンという脳内神経物質が関与していることがわかっている。また、依存症治療法には条件反射制御法というものがあり、病気として治療方法が確立されつつあって、刑務所でも現在は取り入れているという。


ギャンブル依存症の治療は簡単ではない。

依存症の直し方は、例えばパチンコの収支を付け「パチンコ等がいかに無駄にお金を使うか」「馬鹿馬鹿しい物か」を実感すること。周りが怒ったり、文句を言っても無駄で、逆にストレスになり、パチンコへと追い込んでしまう。

人間は、手軽に快感が得られ、その快感を求めてしまうもの。
でも裏切られる事のほうが多く、その繰り返しでだんだん無気力になり依存症へと引き込まれていく。収支すら考えたくなく、パチンコを否定されることを嫌い、「自分が否定されている」ように思ってしまう。


この弊害により幼稚化してしまい、まともな判断ができなくなる。

「パチンコに行けば出るのでは無いか?」「儲かっている」と幻想を抱いてしまう。それだからこそ収支を付け、徐々に促すことが必要。

お金に大切さが分かれば辞められるはず。

貴闘力もまだギャンブル依存症は治っていないといっていたので、そういったギャンブルへの考え方を変えれば、自分の生き方を改めるのかもしれない。

スポンサーサイト

Copyright © 2019 まとめるクローンX All Rights Reserved.


 - その他