最新ニュースから話題の画像まで2ちゃんねるまとめならここで!


ウエンツ瑛士 薬逮捕や首の傷の噂 留学理由の真相を火曜サプライズで告白か

   

ウエンツ瑛士 薬 (2)

2020年3月10日(火) 放送、日本テレビ系「火曜サプライズ」
19時00分~20時54分

ロンドン・ウエンツの元にヒロミがドッキリ訪問。

ウエンツ瑛士は一時芸能活動を休業し、ロンドン留学。ウエンツは留学する3年前から「いつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたいという夢」を抱いていたそうで、その思いが日に日に強くなったとして「たとえ誰かに迷惑をかけても達成したい夢であるということを、自分の中でも確認できました」と留学期間は1年半ときめて旅立った。

しかし、英語が話せないのにロンドン留学という時点で無計画にもほどがある。たとえ英語が話せても英語で議論するというのはかなり難しい。ネットでは「何故、ウエンツ瑛士は英語が話せないのにイギリス・ロンドンに留学し、演技の勉強しに行ったのか?」と疑問に思う声が多い。

今回は、ウエンツ瑛士がネット上で噂になった薬や首の傷についてまとめてみた。

■目次

ウエンツ瑛士とは

ウエンツ瑛士が所属するバーニングプロダクション

ウエンツ瑛士の首の傷

ウエンツ瑛士の留学理由は薬?

ウエンツ瑛士とは

ウエンツ瑛士 薬 (5)

ウエンツ瑛士

生年月日 1985年10月8日31歳
出身 東京都三鷹市
身長 170cm
血液型 O型

ドイツ系アメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフ。
両親が日本で暮らす予定っだったことで、英語教育は必要と思わなかった事、きれいな日本語を話せるようにと、英語教育されなかったので一切英語は話せない。兄がいるが、ECCに通い留学したりしているので、英語は話せるそうだ。

4歳からモデルとして芸能活動を始め、「天使系美少年」と言われてさまざまな雑誌で活躍。その後、1995年から5年間レギュラーを務めたNHK番組「天才てれびくん』がきっかけで人気になった。

「天才てれびくん」時代は多くの子役のいる中で、「別格」といえるほど、同学年の子どもたちと視聴者である母親から人気を集めた。

当時、モデルの事務所に所属していたウエンツ瑛士だったが、ジャニーズ事務所を含む多くの芸能事務所からスカウトを受けるが、すべて断り芸能界を一時引退。高校1年生の時に郷ひろみに誘われ、バーニングプロダクションに所属し、芸能活動を再開。

2018年9月末、以後1年半日本国内の活動を休止すると発表し、10月からイギリス・ロンドンに留学して演技を学ぶと日本テレビの番組『火曜サプライズ』で発表した。

参照wiki

目次にもどる

ウエンツ瑛士が所属するバーニングプロダクション

芸能界「バーニング」系グループのトップとして、また「芸能界のドン」として知られる周防郁雄が会長の芸能事務所。このバーニングはマスコミ、政界にも「顔が利く」ため、なんらかの不祥事や事件を起こしたタレントの事件を「隠蔽を図る」ことができ、その代償として、タレントのギャラなどで縛るなど「黒いうわさ」が絶えない。

批判記事を書いた媒体には、系列のタレントが出演してる企業のCMや広告を取り下げ、徹底的に叩く。一方、自分たちを持ち上げる記事書く雑誌は優遇し、「豪快な接待」という「アメとムチ」を用いて、マスコミを裏で操る正しく芸能界のドン。

ちなみに週刊文春だけはバーニングの恩恵を受けていないので、バーニング所属タレントのゴシップを平気で掲載できる。

主な所属タレントは、稲森いずみ、犬飼貴丈、内田有紀、加藤雅也、小泉今日子、小柳ゆき、郷ひろみ、島谷ひとみ、関りおん、長山洋子、藤あや子、丸山敦史、三浦翔平、ウエンツ瑛士、小池徹平など。

バーニングから系列事務所に移籍した藤原紀香は、陣内智則の浮気を多くの週刊誌が離婚の原因として報じている。もちろん浮気は本人も認めているので浮気は事実だが、その中には「DV被害」もあったと女性セブンが報じたりしているが、それは編集部がバーニングの身内で流したデマ。

藤原紀香を悪者にしないため「すべてバーニングの意に沿った」内容に書き換えられた。
他にも小泉今日子の離婚の際には、その原因は夫の永瀬正敏の浮気だという虚偽の情報をマスコミを使い情報操作し、内田有紀の場合は「吉岡秀隆のDV」という全くのデマ情報をマスコミに書かせている。

このようにやり方が強引で権力でモノを言う事務所。
報道を気にして熟知していれば誰にでも分かることだが、毎回民放ドラマはどのクールにも、バーニング系列事務所やジャニーズ事務所に所属している俳優や女優ばかりが主演を飾っており、脇役や準主役クラスもほとんど全てがこれらの事務所タレントが出演しているのもその権力があってこそ。

ドラマだけでなく、映画の主演やテレビCMやその他イベントや様々な場面において、これらの事務所のタレントが出演。映画も超大作・超話題作となるものは、すべてと言っていいほどバーニング系列やジャニーズ事務所が独占。

この日本の芸能界で、バーニングやジャニーズだけが主に独占状態というのは、明らかに”権力”を揮っていることがわかる。

バーニングに逆らうタレントや事務所は徹底的に干され、最悪芸能界から消されるし、事務所を独立したりする者なんかは仕事を一切与えてもらえないようになり、テレビ局やら様々なところへ圧力をかけている。(新しい地図の3人は退所後、テレビ出演ができない時期があったのも事務所の圧力)

バーニングやジャニーズに逆らえず、言われるがままに従ってドラマに主演で起用したりするなど泣き寝入りしている状態のテレビ局なども間違っているが、最近ではウエンツの留学容認や新しい地図の出演など事務所の圧力からシフトチェンジし、権力でモノをいう古臭い体質から変わろうとしている。

目次にもどる

ウエンツ瑛士の首の傷

ウエンツ瑛士の首の傷が最初に話題になったのは、2006年のフジテレビ「あいのり」で、隣に座っている久本雅美に話しかけた時。

ウエンツ瑛士 薬 (4)

本人から直接この首の傷についての発言をしていなかったことが、何かの病気による手術痕説が出回った。例えば、リンパ腺の摘出手術をすると、似たような手術痕になるとの情報も2chでは出回ったこともあり、ウエンツ瑛士の手術説が噂が広まった。

このウエンツ瑛士の首の傷騒動は、ファンの間では大きな話題となって、公式ブログに記事内容と全く関係ない首の傷の件の質問も寄せられるようになったことで、ウエンツ瑛士が雑誌「JUNON」の取材インタビューで答えている。本人へ記者が、首の傷について触れられると「子供のころに首に熱湯の入ったヤカンのかぶってしまって、火傷したからなんです」とウエンツ瑛士本人の口から、真相を明かされている。


などで、幼少期からの傷であり、芸能界に入ってからの首の傷ではないそうだ。

目次にもどる

ウエンツ瑛士の留学理由は薬?

ウエンツ瑛士 薬 (1)

ネットでは、ウエンツ瑛士の留学理由は薬抜きではないか?という噂がある。

その噂の原因は、東スポが報じた逮捕寸前の芸能人の噂が報じられたこと。

記事内容

事情を知る芸能関係者は「酒井と高相が通っていた西麻布のクラブ『A』に、KAT-TUNのあるメンバーもよく来ていたそれに、 酒井がジャニタレと一緒に『A』で遊んでいたという情報は前からあったんです」という。

「その情報を麻布署がつかんだんでしょう。今春頃から、芸能界の一部には、ジャニタレたちが参加している”薬物パーティ”を連想させる、彼らの表情が尋常ではない写真が出回っていますが、それを入手したのかもしれません」(同)その写真には去年、「週刊現代」で”大麻3P疑惑(記事参照)”が報じられた嵐の大野智だけではなく、二宮和也、長澤まさみ、KAT-TUNの赤西仁、それにジャニーズの大物タレントの東山紀之まで写っていたもちろん、この写真が何を意味するかは断定できないが、それを見れば、当局が関心を持つことは間違いない代物だ。

「野口はクラブ『A』のオーナーとも親しいですからね。押尾と酒井の麻薬入手ルートには、重なる部分があるんじゃないかと捜査を進めているんですよ」(捜査関係者)

ネットでは赤西が目の上を赤く腫らして酔っているような写真が流出している。
ネットに出ている写真は何枚かあるが、実際は100枚くらいあるという噂。今確認できるものは、赤西や山下智久、錦戸亮、城田優、長澤まさみ大麻で逮捕されたプロテニスプレイヤーの宮尾らが写っているものだ。東山や二宮、大野が写っている写真は見つけられなかったが、あるとすればジャニーズ事務所は大丈夫だろうか。また、東スポによれば、写真のほかに肉声テープもあるという。

東スポ


このジャニーズも参加していたパーティーにウエンツ瑛士も参加していたそうだ。

小池徹平と山Pはドラマで共演しており、ウエンツ瑛士もその関係からジャニーズメンバーと親交があったという。ちなみバーニングから枝分かれしたレブロやAチームの俳優とも共演している。

ウエンツ瑛士 薬 (3)

東スポは、2017年の時点で次の薬物逮捕芸能人「シャブ捜査次なる標的、超超超大物女優」として、あの沢尻エリカ逮捕を予言していた。asukaや清原の時も事前に逮捕が近いと報じていた(東スポに上げてある『大物』、『ユニット』、『渡英経験あり』などが当てはまる)のに、誰も信じていなかったが、結局二人とも逮捕されている。

ウエンツ瑛士もわざわざ英語ができないのに、1年半という期限での活動休止。それなら、わざわざ発表する必要もないし、警察当局が目下していたのかもしれない。

徹底マークする芸能人の逮捕秒読み報道は、いつでも身柄を確保できる状況という(条件さえ整えば)なので、覚醒剤の常習者として以前からリストに載り、ある薬物中毒者の逮捕をきっかけに改めて行動確認を行ったところ“クロ”となる証拠が条件さえ整えば、いつでも身柄を確保できる状況だったのかもしれない。

もちろんあくまでもネット上での噂だし、ソースが東スポなので信憑性は低いが、ウエンツ瑛士の薬の噂は東スポが報じた記事が数多く虚のものがあるのはご存知の通り。その虚の情報を見破る為に様々な知識をつけ、我々が判断するすべはないだろう。

スポンサーサイト

Copyright © 2020 まとめるクローンX All Rights Reserved.


 - その他